国内外の芸能人の様々な情報を発信。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
矢田亜希子号泣…押尾について初告白
2010/03/18/ (木) | edit |
 前夫で保護責任者遺棄致死罪などに問われている押尾学被告(31)=麻薬取締法違反で有罪判決=の事件の影響で休業していた女優矢田亜希子(31)が17日、事件後初めてスポニチ本紙などのインタビューに応じた。「妻として見抜けなかったのが情けない」と反省した上で「子供のためにも私が頑張って前を向いて歩いていきたい」と現在の心境を告白。4月に撮影するドラマで仕事復帰する。

yada.jpg



 押尾被告の薬物事件発生から7カ月余。取材に応じた理由を「世間を騒がせた人の元妻であった私に皆さまが抱いている不信感というか、これ以上長引かせてもいけないのでちゃんと話さなければと思った」と明かした。

 4月からフジテレビ「刑事・鳴沢了~讐雨~」(仮題、放送日未定)の撮影で約1年ぶりに仕事復帰するタイミング。「応援してくれた人たちのためにも、そして子供のためにも、事実は事実と受け止めて胸を張って歩いていきたい。母親として子供にちゃんと頑張っている姿を見せたい」とし、復帰の背景にはシングルマザーとしての切実な思いがあるようだ。

 事件については「全く気付かなかった。朝昼晩一緒に生活するという一般的な夫婦生活をしていなかったのは事実ですが、彼にだまされたとは言いたくない。(夫の犯罪を)見抜けなかった自分が情けなくショックでした」。

 別居は07年11月に長男(2)を出産した前後から。妊娠中の同年春に押尾被告の女性問題が発覚し「信頼関係がもつれました。でも夫婦ですから将来に向けて頑張れると信じていた」という。

 しかし、昨年はじめに「2人の理想とする家庭像と価値観の大きな違い」から、いつでも出せるようにと離婚届にそれぞれ判を押した。最後に会ったのは逮捕4日前の7月30日。「海外での仕事ぶりを話すなど凄く前向きだったので、最初に事件の知らせを受けた時は本当に信じられなかった」という。

 押尾被告とは「もう会わないと思う。自分のとった行動に責任を持ち、迷惑を掛けた方たちに誠意ある行動をしてほしい」と強調。家族への思いを語る時に何度も涙をこぼし「自分も親である以上、責任持って子供を育てなきゃいけない。それがあるから、強くならなきゃって本当に思います」と話した。

 <「ここ2年くらいで交友関係広がった」>矢田は結婚後の押尾被告について「特に変わったとは思っていなかったが、ここ2年くらいでずいぶん交友関係が広くなったなとは思った」と説明。昨年5月、麻薬取締法違反(譲渡)事件で懲役1年の実刑判決を受けた泉田勇介被告を押尾被告から紹介されたそうで「これから一緒にビジネスをやる相手だと。その後、ディズニーシーへ友人たちと遊びに行った時にもいました」と明かした。



押尾学も出始めは良かったんだけどねぇ~。元々そういう人だったのかは分からんが、途中からやたらビッグマウスになったような…。
矢田亜希子が可哀想…なのかもよく分かんないけど結婚した時は、騙されたんじゃねーの?!と思っていた私はあながち間違っていなかったのか? (笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。