国内外の芸能人の様々な情報を発信。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沢尻エリカ、周囲に離婚相談していた
2010/04/27/ (火) | edit |

 女優、沢尻エリカ(24)が、夫でハイパー・メディアクリエーターの高城剛氏(45)との離婚意思を昨年から固めていたことが26日、分かった。前所属事務所を解雇された昨年9月以前から、サンケイスポーツが確認できただけでも3度、周囲に離婚を“宣言”。また、今後は夫の保護下から、大手エンターテインメント会社、エイベックスの支援を受けることが判明した。一方、高城氏はこの日、サンケイスポーツに「離婚は寝耳に水」などと40分にわたって胸中を激白した。


sawajiri4.jpg

 

 沢尻の決意は固かった。離婚に向け、半年以上も前から周囲に相談していた、というのだ。

 昨年1月の電撃結婚後もたびたび世間を騒がせてきたが、その裏では、さらなる衝撃事実が進行していた。

 同9月に前事務所のスターダストを解雇された沢尻は、解雇前から計3度、同事務所などに離婚の意思を伝えていたという。複数の関係者が明らかにした。

 20歳以上年が離れ、頼れる夫にぞっこんだった沢尻に離婚を決意させたのは、結婚後徐々にわき起こった不信感。1つは借金8000万円ともいわれる同氏の金銭トラブル。2つ目は、ボヘミアンのように海外を転々としながら芸能活動を続けていく夫主導の方針だ。

 2人は3月3日にスペインに個人事務所を設立し、約2年ぶりの芸能活動再開を発表。その際、マスコミ宛に私生活を許可なく報じることを禁じた6カ条の誓約書へのサインを要求し、反発を受けた。これがダメ押しとなった。

 苦境に立った沢尻に、救いの手を差しのべたのがエイベックス。松浦勝人社長(45)はかねてより、その才能に惚れ込んでおり、本人と接触した上で、離婚後の芸能活動のバックアップを提示。沢尻も知人に「日本には今いい映画がない。今年は音楽をやっていこうと思っている」と話しており、両者の思いが一致した。

 この日、同社は「契約に関して、そのような話があるのは事実」とコメント。同社が運営する携帯電話専門放送局、BeeTVで沢尻の復帰ドラマを制作するプランも進んでいる。だが、契約の詳細や活動内容に関しては「控えたい」とし、離婚などプライベートの案件についても「把握していない」とした。

 25日放送のフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」の取材に、「今は話せないの…また後日改めて」と離婚を否定しなかった沢尻。近い関係者によると、沢尻は一両日中に弁護士と会い、今後について話し合う。

 対する高城氏は、妻である沢尻本人と直接会話すらしていない異常事態に陥っていることを明かしており、離婚騒動は長期化しそうだ。



もし本当に、本当にあの意味不明な6か条は旦那が勝手に作ったものだったら、実にもったいないな。
最高に綺麗なプロポーションで美しく大人になって舞い戻ってきたわけですから。


他に、これはマスコミから相手にされなくなった沢尻側の起死回生の一手ではなかろうか、と考えている人もいるようだ。

離婚というかなり強力なスキャンダルを出すことで、マスコミが無視できないようにして、一杯露出する。エーベックスの移籍にも箔がつくし。

特にこれで本当に離婚しなかった場合は、マッチアンドポンプ確定だと思っています。

ただあまりに旦那のネガティブなイメージがついてしまい、挽回も言い訳もできない状況になったら本当に離婚するかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。