国内外の芸能人の様々な情報を発信。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻木会見、離婚前から交際
2010/12/22/ (水) | edit |
 タレントの大桃美代子(45)から元夫の不倫相手と一方的にツイッターでつぶやかれたタレントの麻木久仁子が22日、TBS情報番組『ひるおび!』(月~金 前11:00)生出演後に同局で会見を開いた。双方が離婚成立前だった2006年から交際が始まったと認めたが、同席した麻木の弁護士は「夫婦関係が破綻しているので、不倫関係にはならない」と主張した。

asagi.jpg


 麻木は作曲家・松本晃彦氏と1994年に結婚し、長女を授かるも2006年3月に離婚。一方の大桃は2003年6月にAPF通信社の山路徹代表と結婚したが、2009年11月に離婚した。

 会見前に麻木は「私の立場から思うことを話したい」と山路氏や大桃のプライベートを配慮することを釈明すると前置きした上で口を開いた。山路氏との交際は「2006年。私自身も別居をしていた時期で、いつ離婚届を出すかという時期」からスタート。ただ、自身の離婚理由には「今回の件は関係ない」と断言した。

 また、山路氏からは「(大桃との)夫婦関係は実際に終了している。離婚届をいつ出すか」という説明があり「信憑性があった。(離婚成立までは)大桃さんの意思や時期を見てとも聞いて、それは大人らしい、彼らしいやり方だと思っていた」と当時の心境を振り返りながらも、今回の騒動発展に「私の不徳なところもあると思う」と戒める場面もみられた。

 そんな山路氏との関係も「お仕事でも尊敬しているし、うまくやってきたと思うけど、ここにきて、私の精神的、体調的、金銭面的に疲れてしまうことがあり、ピリオドを打った」と約1ヶ月前に破局したと報告。交際期間中は山路氏の家賃を支援していたと明かし、金銭面についても今後話し合っていくという。

 大桃は19日深夜、自身のツイッターで「ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック」と綴り、今回の騒動に発展していた。なお、この発言はすでに削除されている。



離婚届を出すまで我慢出来なかったのかな。
まだ大桃さんは夫婦だったんだから、誰がなんと言おうと不倫です。

本当に大切に想ってたなら、ちゃんと離婚届を提出して相手の環境が落ち着くまで待つべきではないの?
大人ならそれまで我慢しようよ。
スポンサーサイト
神戸蘭子が放送ギリギリの婚活発言で緊迫した状態に
2010/12/14/ (火) | edit |
モデル、タレントとして活躍する神戸蘭子がテレビ番組で『野球選手との噂について』否定した。だが、彼女は力説するあまり『野球選手をバカにしている』とも思われる発言をして周囲を慌てさせてしまったのだ。

kanbe.jpg


神戸蘭子はファッション誌『JJ』のモデルなどで活躍する傍ら「クイズ!ヘキサゴンII」でタレントとしても人気が出てきた。彼女は大の野球好きであり特に読売ジャイアンツファンとして知られる。最近では鈴木尚広選手がお気に入りのようだ。
12月10日の「ライオンのごきげんよう」にその神戸蘭子が出演して野球選手について語った。
彼女があまりにひんぱんに野球観戦に行くので周囲から「野球選手と交際しているのでは?」という噂が出ているというのだ。神戸は現在28歳であり「ホントに婚活している」と明かした。そして野球選手との交際疑惑があってはその妨げになるというのである。
だが、彼女は熱心なジャイアンツファンなのになぜ、野球選手との噂をそれほど嫌うのか?
実は神戸は「クイズ!ヘキサゴンII」で元ジャイアンツの元木大介と共演する事が多い。自然と元木と会話する機会が多くなるのだが、彼女は「野球選手のプレイする姿はかっこいいのに」と前置きしながら「“元木さんとか”と話していると様子が違う」と言い出したのだ。
それを聞いて共演していた長嶋一茂が「(野球選手は)バカだっていうの?」と気色ばんだ。神戸があわてて「そこまでは言ってません!」と言ったが逆効果だった。
一茂は元木のために野球選手が誤解されていると憤り「元木だけじゃなく、他にも野球選手はいっぱいいるから」と言ったのだが、これも元木にとっては失礼な話である。

さらに神戸は話を修復しようと「一生懸命に昔からスポーツやっている方は、そういう欠けた才能もあるのでは?」と逆に火に油を注ぐような事を言ってしまったのだ。
これには司会の小堺一機がたまらず立ち上がり「神戸さん! これ以上はかんべんしてください!」と頭を下げて話を終わらせようとした。
しかし、今度は一茂が「そういうところはあるかもしれない」と、なんと神戸の発言に共感を示して「一芸に秀でている人は欠落しているところもあるよ」と納得してしまったのだ。
元野球選手の長嶋一茂が納得してしまったので、小堺もそれ以上は口を出せなかった。

思わぬ方向で話が落ち着いたところで神戸蘭子は『野球選手との噂は一切ない』と再度念を押すと「私の婚活の邪魔になる噂はなくなって欲しい」とまで言ったのである。
するとマスコットロボットのCOROZOが「カワイイだけで世の中渡れると思うなよ!」と神戸に一喝したのだ。
婚活にこだわるあまり、キワドイ発言を繰り返す神戸蘭子に周囲の先輩達は手を焼いたが、最後はロボット人形が戒める形となった。こんだけ可愛かったら婚活しなくてもモテるでしょうに~
山本モナ、一般男性と結婚 「二人で幸せな家庭を」
2010/08/17/ (火) | edit |
 タレントの山本モナ(34)が16日、かねてより交際していた男性と同日入籍したと所属事務所を通じてFAXで発表した。昨年1月に不動産投資会社社長との熱愛が報じられた際、自らもブログで真剣交際を認めており「今後は彼を支えていきながら、二人で幸せな家庭を築いていきたいと思います」と喜びのコメントをよせた。所属事務所によると、挙式・披露宴は未定で会見を行う予定はないという。

mona.jpg

 モナは5月に行われた香港ジュエリーブランドの日本上陸会見に招かれた際、今最も欲しいジュエリーを「結婚指輪か婚約指輪って答えるのが正解ですよね。年内かはわからないけど、そう遠からぬうちにそういうことになれれば」と話すなど、意中の男性とのゴールインへむけて準備が着々と進んでいる様子をうかがわせていた。

 また結婚発表後の同日午後9時過ぎ、約3週間ぶりにブログを更新し「これからは、彼をささえて行くことを第一に考えて、頑張っていくことを決めました。まだまだ、いたらないところが多い私ですが、一生懸命、彼と一緒にゆっくりと歩いていこうと思います」と報告した。



同じ朝日放送出身でも、赤江珠緒とは全然違う方向に行ってしまったな。
支えるつもりと言ってみただけなのか、本当に引退して支えるつもりなのか、単に活動の場がなくなっただけなのか。何を言ってもどこまで本当なのか信用できない気がする。
ま、言えることは、もういいかげん不倫はしないで下さいね(爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。